• FOLLOW US
  • 2021.01.29
  • PRESS NOTE

ビヨンクールスタッフって実際どんな時計を愛用してるの? ~抜き打ちファッションスナップ編②~

どうもこんにちは!フィンランドの“フィ”に、銀色世界の“ぎ”を二回で、フィぎぎです。

あっという間にハッピーニューイヤー!2021年へ突入ですね!

年末年始みなさんどうでしたか?

私は、食べて、寝て、食べて、寝て、そろそろ本当に牛になってしまうんじゃないかってタイミングで出社日だったので、

無事に人間のまま2021年も生きていけそうです!(笑)

年明け一発目のプレスノートは、ご好評につきスナップ企画第二弾をゆるりとね。

ゆる~くスタートダッシュをきらせて頂こうかなと思います!

というわけで、第二弾、一緒にお付き合いくださいませ!

トップバッターを飾るのは、ホールセール営業担当の上川 智也さんです。お取引先さんへの訪問が必須になってくる上川さんは、いつでもフットワーク軽くいれるように足元は外回りでも疲れないスニーカーに、アクティブに動き回れるカジュアルスタイル。大人カラーのブラックのワントーンでまとめあげられていて、とても好感です。そんな上川さんの愛用時計は、イタリア・ミラノ発のプレミアムファッションウォッチブランド【D1 MILANO(ディーワンミラノ)】でした。

「どんなところが好きなんですか?」

「主張しすぎないけど見た目一発でD1と分かる、程よい個性があって好きなブランドです。コマンドーシリーズはケースの磨きもこだわって作られているので見ていて飽きないし、何よりミリタリーテイストだけど無骨になりすぎないこのバランスがたまらないです。」

いやーわかるー!(笑)と思わずハモってしまいそうですが、ミリタリーテイストなのにキレイな印象を与えるってすごいですよね。オールブラックのカジュアルコーディネートなのに厳つくならない、むしろ爽やかにまとめあげてる上川さんに言われるとめちゃくちゃ説得力ありますよね。主張しすぎない男らしさが欲しい人は、必見です!

着用モデルはこちら

二番手は、お待たせいたしました!PR/セールスプロモーション担当のフィギギ 麗花です。私は、毎日国内外の色々な人とやりとりをするセクションにいるのですが、沢山の人と会うからこそ、自分らしさを大切に、ファッションも自分が好きなものを好きなタイミングで着ています!(笑)プライベートでダンスやキックボクシングをやっているのもあって、動きやすいパンツスタイルでストリートテイストなものを着ていることが多いです。そんな私の愛用時計は、フランス・パリ発のアーティスティックウォッチブランド【LAPS(ラプス)】です♪

ひとつひとつ職人の手仕事で作られているラプスの時計は、時間を読む為のものというよりは、身に着けるアートという感覚です。元気なビタミンカラーのネオンオレンジと大迫力のタイガーフェイスは、私に今日も頑張ってこー!とポジティブなエネルギーとインスピレーションを与えてくれます。

自分好みのアートウォッチがきっと見つかるはずなので、是非ラプスというアトリエをチェックしてみてください☆

着用モデルはこちら

ラストを飾るのは、PR/セールスプロモーション担当の安平 友成さんです。安平さんは、なんと部長です!こんなイケてる部長、居ます?(笑)なかなかいないと思いますよ。安平さんは基本的にオーバーサイズのビッグシルエットファッション。ゆるーい見た目です。和やかな笑顔と穏やかな話し方で、鬼滅ネタ的に言うと「ほわほわ」してくる感じなんですが、そんな見た目とは裏腹にバンバン仕事を決めてくる社のエースでもあります。私はこの宇宙人みたいな部長の下(笑)で日々お仕事してるわけですが、部下との距離感も近くプレーヤーでありながら面倒見もいいお兄さんみたいな感じで、日々勉強させてもらっています。そんな安平さんの愛用時計は、ベルギー発のファッションウォッチブランド【ICE-WATCH(アイスウォッチ)】です♪

「どんなところが好きなんですか?」

「10気圧防水の安心感、周りと被らないアクセントになるデザイン、気兼ねなく普段使いできる価格、全部がちょうどいいです。」

全部がちょうどいいというフレーズで締めくくるあたりが安平さんらしいです。アイスウォッチはデザインとカラーバリエーションも豊富なので、きっとお気に入りの一本が見つかるハズですよ☆

着用モデルはこちら

いかがでしたでしょうか?

ビヨンクールには時計ブランドがたっくさんあるので、是非気になったアイテムがあったらチェックしてみてくださいね♪

ではでは~☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう