• 2017.08.10
  • EVENT

「ガス ビジュー」GINZA SIXのPOP UP SHOPにて中村江里子氏トークショーを開催!

南仏・サントロペにて誕生したハンドメイドジュエリーブランド「Gas Bijoux(ガス ビジュー)」のPOP UP SHOPがGINZA SIXに7月26日(水)~8月27日(日)までの1ヵ月間オープン中。期間中の7月30日(日)に、現在フランス在住でブランドが目指す<自由で豊かな女性像>としてぴったりなフリーアナウンサー中村江里子氏にお越し頂きトークショーを開催。中村様は、ご実家が銀座で創業140年の歴史のある銀座十字屋という老舗楽器店を営まれているそうです。自身のフランスでの生活や「ガス ビジュー」の魅力、ファッションなどについてお話頂きました。13:30からの30分間、15時からの30分間と2回にわたってお話頂きましたが、多くのファンやお客様がご来場し大盛り上がりのイベントとなりました。

Q:フランスでの生活について
中村様:
子どもたちが小さいときはジュエリーを楽しむ余裕がなかったですが、下の子が小学生になりようやく楽しめるようになりました。結婚して16年、フランスには16.7年住んでいます。ここまで長く住んでいても言葉が通じない時があったり、まだ不便なことが多いです。単語もまだまだ知らないものが多くあります。パリでの暮らしですが、主人と子供3人(13歳、10歳、7歳)と共に過ごしています。子供のいない間に洗濯や掃除、買い物に行きます。決してお姫様のような生活ではなく、ごく普通の生活をパリで送っています。ただ街が本当に美しい。天気が悪くても、公害だと言われているときでも。主人もパリの景色は美しいと言っています。日本にいる時に仕事があり待ち時間に子どもたちにたまたま塗り絵をさせていた時があるんですが、「色使いが日本人と違いますね」といわれたことがあり、感性が磨かれるというか、豊かになるというか、パリはそういう街なのかなと思ったことがあります。

Q:「Gas Bijoux」との出会いについて
中村様:
パリには素敵なお店がたくさんあるんですが、お店の方には何年か前にたまたま入ったことがあり、そこで知りました。また、年に数回出しているパーソナルマガジンがあるんですがそこでも紹介させて頂きました。南仏らしい鮮やかな発色がいいな、なんて思っていました。

Q:家族で運営している同ブランド。家族経営について何かご意見お聞かせください。
中村様:
私自身も実家が銀座で商売をしている立場として感じる部分は、商売を家族でやることの楽しさ、大変さがなんとなくわかります。継続しつつ変化していくことが大変なことと思うのでそこがすごいなと思います。

Q:2011年にフランス国宝企業(EPV)に認定されている点。今もなお、南仏マルセイユのアトリエにて職人がハンドメイドで創っている点。
中村様:
フランスという国はジュエリーももちろんですが、お料理や芸術など職人に対して重要視している国なので国をあげてサポートしたり認めるということはよく知られています。フランスという国は手作りでできているものが実は本当にたくさんあります。そこが国らしさでもありとても素晴らしいことだと思います。

Q:日本のお店には行かれたことは?また南仏にも行かれたことはございますか?
中村様:
青山店はパリのブティックそのままな雰囲気です。東京っぽくないというか。また、主人の出身が同じく南仏のサントプロヴァンスなんですが、サントプロヴァンスに行くことはありますが実はサントロペには行ったことがないんです。ですが、高級リゾート地として知られています。

Q:本日身に着けているジュエリーのポイントやファッションについて教えてください。
中村様:
「ガス ビジュー」のジュエリーは普通につけられるシンプルなもの、1点で華やかになるようなもの、組み合わせできるもの、たくさんラインナップがありますよね。今日はジュエリーを先に決めてから洋服を決めました。大ぶりの羽ピアスをメインにその他のジュエリーも合わせました。何が合うかなと考えてみてネイビーのワンピースを合わせました。せっかくつけるならジュエリーも良く見えて自分もハッピーになれることをこころがけている。シルバーで揃えたり、ゴールドでそろえてみたり、ミックスしたりと楽しめるところはこのブランドの大きなポイントですね。重ね付けしたためにうるさくなるのも嫌だなと思いますが、それがないのが良いです。

Q:フランスの女性が好んでいるファッションスタイル、またGas Bijouxをどのようにして楽しんでいるのか教えてください。
中村様:
「ガス ビジュー」に限らずの話にはなるんですが、シルバーはシルバーで、ゴールドならゴールドで統一…といわず、フランスの女性は思い思い組み合わせて楽しんでいます。じゃらじゃらといろんな素材を取り入れている方もいます、胸元を大きく開け大きなものを1点つけている方もいる、逆に華奢なものをつける方もいる、様々楽しんでいます。それぞれが自由に堂々とと楽しんでいるのが素敵だなと思います。また、ガスビジューの今日つけているジュエリーはとにかく気分が上がりますよね。

  • 中村 江里子1969年東京都生まれ。立教大学経済学部卒業後、フジテレビのアナウンサーを経て、フリー・アナウンサーとなる。2001年にフランス人のシャルル・エドワード・バルト氏と結婚し、生活の拠点をパリに移す。妻であり、3児の母でもある。現在は、パリと東京を往復しながら、テレビや雑誌、執筆、講演会等などの仕事を続ける。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう