• 2018.11.30
  • REPORT

Gas Bijoux Aoyama 2nd Anniversary Party – After Report

フランス・サントロペ発のハンドメイドジュエリーブランド「Gas Bijoux(ガスビジュー)」が本年、創業50周年を迎えたと共に、アジア初の路面店である青山店がオープン2周年を迎えました。それを記念して、2018年11月3日(土)に、ブランドオーナーのOlivier Gas(オリビエ・ガス)氏が来日し、アニバーサリーパーティーを開催しました。

  • オリビエ・ガスOlivier Gas
    1969年に南フランス・サントロペで発祥したハンドメイドジュエリーブランド「Gas Bijoux(ガスビジュー)」オーナー。創業者であるAndre Gas(アンドレ・ガス)の息子であるオリビエ氏は家兼アトリエで産まれ、小さい頃からジュエリー職人に囲まれながら過ごし、感性や知識を培いながらブランドと共に成長。現在は、本来のブランドアイデンティティを保ちつつトレンドと創造性をプラスしたデザインへと進化。2011年には職人らによる高度な技術や専門知識を持つ企業としてフランス国宝企業「リビング・ヘリテイジ・カンパニー」を授与された。

パーティーでは、創業当初に作られていたヴィンテージ商品をお披露目し、50周年の歴史を振り返りました。直接オリビエ・ガス氏に会えるということもあり、お店には日頃より、ガスビジューをご愛顧頂いているお客様をはじめ、編集者・スタイリスト等のプレス関係者など、沢山の方々がお祝いにいらしてくれました。

また、青山店2周年を記念して、店頭では限定復刻版カスタマイズブレスレットも販売。人気なデザインで惜しまれながら姿を消したブレスレットが数量限定で再登場。好きなチャームを自由に選んで、オリジナルのブレスレットにカスタマイズできるということもあり、注目を集めました。

皆様の変わらぬご支援ご愛顧により、本年2周年を迎えることができたガスビジュー青山店ですが、これからも皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう